光と想いの共振

新たなスタートライン(嶋浦さんブログvol.8) 5

【嶋浦さん創作ブログ vol.8】 2015.8.15

 (今回も嶋浦さんご自身からの投稿です。)

 

前回投稿から早や早や3ヶ月が経ちました。
立秋も過ぎ、猛暑の夏が過ぎつつある空気を感じられるようになってきました。

みなさん夏の思い出はできましたでしょうか?
ぼくは色んなことに思いと考えを巡らせる日々で、濃くも有意義な時間を過ごしました。
ただ、夏とは全く関係なく、
そんなぼくの夏の思い出は、蚊に刺されたことくらいでしょうか・・・笑。


さて、製品づくりのほうも牛歩ではありますが進めております。
また、今回は2つに分けて、お話をさせていただきたいと思います。


【みんなでInterior lifestyle tokyoへ出展】


 

 

一つの通過点目標としてきた東京ビッグサイトでの「Interior lifestyle tokyo」への出展。
初めて他のさまざまな人の目に触れてもらう機会となりました。
http://www.feelab.jp/contents/projects/61/

 

  1年でここまで来れるとは思いませんでしたね。・・・もちろん私の事ではありません。

  皆さんの頑張りに、しみじみたビッグサイト。・・・・・ by管理人

 

 

 

 

   バイヤーからも反響をもらった嶋浦君の作品。@東京ビッグサイト  by管理人 

 


最初は恥ずかしながら
ビビりすぎて
全くブースに来られた方と話もできませんでした笑。

 

その中でも学んだこともたくさんありました。
・何がほしい人なのかを感じ取る
・何気ない会話のやりとりを広げることの大切さ
・自分たちの製品の良さの把握と表現の方法  などなど・・・

上げればキリがありません。


しかし何よりも、そこで出会った方々との繋がり。
特に同じブースで出展した方々とぼくは、利益目的ではない繋がりが大きいので、
歯に衣を着せぬ意見もいただいて、とても参考になりました。

  

この繋がり・関係性。0+1の大事な要素です。そんな大人の集まり。楽しいです。

 

 

  皆で同じリングにあがり、汗をかき、健闘たたえ合う。皆の結束が一段と強くなりましたね。 by管理人

 

 

 

 【製品に対する気持ちの変化】


 

 

 

これまでは、「自分の体験した自然の風景を借りること」という
「自分の体験に呼応してくれる為の製品」を目指していました。
逆に言うと、そうしないと製品に「想い」が込められませんでした。

 


けれど、ある時思いました。


「一番使ってほしいところ、一番体感してほしいところ
ではないディティールに四苦八苦していて、
肝心の部分にエネルギーを注げていない」

 


ぼくは「光」という部分に想いを持っています。
それを活用できる製品をつくっているつもりでした。
しかし、多くの時間を使っていたのは、
それを支えるスタンドの形だったり、かっこつく見せ方だったり、、、

 

 

大事な部分と向き合えていなかったんです。

 

 

そして、ぐいっと、エネルギーを注ぐ部分へ目線を向け直しました。
まだふらっとヨソへ向いちゃう時もありますが、
目指す方向は間違わないようにと心がけるようにしました。

 

そうすると、また別の答えが待っているんです。
製品も違う姿を見せてくれます。

今大事なのは目標までの道のりではなく、
向かう道を決めて歩いていくことだと、心新たにしています。

 

 

※最近こんなことばっかり考えていると、
不思議と縁が繋がるもので、
たまたま行った神社が光に関する神社だったり、
たまたま読んだ本が光に通じていたり、
それが未来に繋がりそうだったりと、

何かが集まってきているような、そんな感覚を覚えます。
光の世界には目に見えないことがたくさんありますが、
そんな見えない縁も感じながら生きていけるみたいです。

 

 

 

*****

 

 

 

0+1のメンバー皆で参加したインテリアライフスタイル展(@東京ビッグサイト)。

初めての経験に、緊張し、汗をかき、恥をかき、

お客様(バイヤー)とのやり取りからたくさんのことを学んだ3日間になったのでは

ないか、と私なりに思っています。

 

嶋浦君は3日間会社を休み、滋賀県から東京ビッグサイトにやってきて、

最初から最後までブースに立ち続けました。

 

私は遠くからその姿を眺めていましたが、これまで見たことないほど

目を輝かせ、汗でひたいを光らせ、懸命に説明する姿が印象的でした。

 

このプロジェクトを始めて1年。

色々なことがありましたが、本当にみんな頑張って上を目指して、

遂にここまできたか、と胸がいっぱいになりました。

 

 

そんな3日間を経て、感覚がシャープになったのでしょう、視点もまた

変わってきたのでしょう、嶋浦君のブログからは、これまでとはひと味

違う雰囲気が漂ってきましたね。

 

ひとまずは作品を作り切り、他人にも見てもらい、

当初想定したゴールにたどり着いたはずでした。

 

しかし、そこは新たなスタートラインだった。。。

そのことに自分で気付いてしまう。

 

さて、この先はどうしたら?? 

この先は自身がどこを目指していくのかで、

方法論が変わってくると思います。

 

単なるアクティビティとして灯りを作るのか

はたまた、違う何かを目指すのか

その答えは誰も教えてはくれない、自分と向き合い

自分から紡ぎだすべきものだと、私は思っています。

 

 

私に言えることはただ一つ。

思ったことを、思いっきりやればいいのです!   by管理人

 

 

end。

 

 

 

 

 

***** 

 

光と想いの共振 の記事一覧